トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. WordPress
  4. WordPressのリビジョン機能を制御する「WP Revisions Control」の設定方法・使い方について

WordPressのリビジョン機能を制御する「WP Revisions Control」の設定方法・使い方について

WordPressには、「リビジョン」というページの自動バックアップ機能が搭載されています。「更新したけれど、以前のページに戻したい」という時に便利な機能ですが、何回も更新を続けているとリビジョン(バックアップデータ)が増える一方で、サイトが重くなりパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。

「WP Revisions Control」は、リビジョン数を制限できるプラグインです。

今回は、「WP Revisions Control」の「設定方法」と「使い方」を紹介いたします。

「WP Revisions Control」とは

「リビジョン」は、投稿ページや固定ページなどの更新データの自動バックアップ機能です。リビジョンは保存するごとに記録され、更新後に「以前の状態に戻したい」時に便利です。その反面、デフォルトで「最大保存数:無制限」に設定されているため、リビジョン数が無限に増えてしまい、サイトの読み込み速度に悪影響を与える可能性があります。

「WP Revisions Control」は、投稿・固定ページ・カスタム CSSを、必要な保存数に変更することができます。

WordPressのプラグインから検索し、インストールする方法

まずは、「WP Revisions Control」をインストールしてみましょう。

インストールの方法は2つあります。

  1. WordPressの管理画面からプラグインを検索しインストールする方法。
  2. 「WP Revisions Control」サイトから、プラグインをダウンロードしアップロードする方法。

WordPressのプラグインから検索し、インストールする方法

まずは、管理画面で、「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

その後、「WP Revisions Control」を検索し、「今すぐインストール」を実行し、有効化してください。まずは、管理画面で、「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

以上で、WordPressのプラグインから検索し、インストールする方法は終了です。

「WP Revisions Control」サイトから、プラグインをダウンロードしアップロードする方法

まずは、下記サイトにアクセスします。

WP Revisions Control

ダウンロードしたファイルを、管理画面の「プラグイン」⇒「プラグインのアップロード」を押すと「zipファイル」がアップロードできますので、そこからアップロードしてください。

管理画面からアップロードできない場合は、FTPから「プラグインディレクトリ」に直接アップロードしてください。

上記、どちらからの方法でインストールし、有効化が完了すると、管理画面のメニューの「設定」の中に「WP Revisions Control」が追加されています。これで「WP Revisions Control」が自動で生成されます。

「WP Revisions Control」の設定方法

「WP Revisions Control」の有効化が完了したら、設定作業に入ります。

  • 管理画面から「設定」「投稿設定」の順にクリックし、画面を下へスクロール。

  • 「WP Revisions Control」の項目が追加されています。

・投稿
・固定ページ
・カスタムCSS

の各項目で、保存可能なリビジョン数を指定します。入力が終わったら「変更を保存」のクリック。

2~3くらいで設定すると良いでしょう。

以上で「WP Revisions Control」の設定は完了です。

まとめ

「WP Revisions Control」は、WordPress標準機能リビジョンの数を指定できるプラグインでした。

一度設定すればOKです。

このリビジョン機能は便利なことから、類似のプラグインもたくさん、あります。

リビジョン機能自体はとても便利ですが、下書き保存をするたびにどんどんデータが増えていきますので、無駄なデータが増えすぎないように注意してください。

まずは、「WP Revisions Control」で制限しておきましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事