トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. WordPress
  4. WordPressとは!?ホームページにも使えるって本当?【初心者向け】

WordPressとは!?ホームページにも使えるって本当?【初心者向け】

「自分でホームページを作りたい」と思って検索してみると、「WordPress(ワードプレス)」というワードが出てくると思います。

WordPressは、Webサイト制作で使われるツールです。その使い勝手の良さから世界中で愛用者がいます。今回は、初心者向けにWordPressのメリットや注意点についてご紹介いたします。

WordPressとは

WordPressは、「HTMLのコードがわからなくても、簡単にWebサイトが作れるCMS」です。CMSは、Contents Management Systemの略称で、文章や画像、動画などのコンテンツをWeb上で管理できるシステムのことです。

皆さんがご存知のマイクロソフト社の「Word」に文章を書いたり、画像を挿入したり、同じような感覚で、Webサイトのコンテンツを更新・管理することができます。その使い勝手の良さから、世界中でWebサイトに利用されている人気システムです。

WordPressが人気な理由

WordPressが人気なのは、いくつかの理由があります。主な理由をご紹介します。

プログラミング の専門知識を必要としない
  • HTMLやCSSをはじめ、JavaScript、PHPなどの専門的なプログラミング知識が必要ない。
  • 特別な機能を持ったサイトを目指さない限り、ブログなどの情報サイトには十分な機能を有しています。
無料のCMS
  • WordPressは無料で誰でも使うことができるので、「自分でホームページを作ってみたい!」という人に人気です。
  • Webサイトの公開には、ドメインの取得やレンタルサーバーなどの費用は別途必要です。
SEOに強いサイトが作れる
  • 「せっかくWebサイトを作るのだから、多くの人に見てもらいたい」と思うことでしょう。SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、「検索エンジンからサイトに、人が流入しやすくする」施策のことです。WordPressは、WordpressはSEO対策との相性も良く、初心者でもSEOに強いサイトを簡単に作ることができます。

WordPressのメリット&デメリット

人気の高いWordPressですが、メリットとデメリットがあります。

WordPressのメリット

プログラミング の知識がなくても、記事や画像を追加・更新できる

WordPressは、直感的に記事や画像更新ができて、わかりやすく作られています。

Webサイトの立ち上げが簡単

WordPressの場合、多くのサーバー会社において「簡単インストール」が設定されています。

機能の拡張性が高くて、しかも簡単!

WordPressには、「プラグイン」と呼ばれる拡張機能が無料のものが多く 用意されています。

「お問い合わせフォーム」や「人気記事の自動表示」など、豊富なバリエーションがあります。使いたい「プラグイン」は、「インストールする」のボタンを押すだけ!

WordPressのデメリット

HTMLのサイトと比べて表示スピードが遅い

WordPressのサイトは、データベースからパーツを呼び出してからページを構築するため、HTMLサイトと比べると表示スピードが遅くなります。

しかしながら、近年では、インターネットの高速化、プラグインやサーバー等のキャッシュなどで、デメリットというほどのデメリットではなくなってきています。

セキュリティの脆弱性

「PHP」というプログラミング言語でできているWordPressは、セキュリティ面が弱いというデメリットがあります。しかし、これはパソコンのOSと同じようなもので、常に最新のバージョンに更新しておくと良いでしょう。

バージョン更新やセキュリティプラグインによる脆弱性対策は、弊社でも推奨しております。

WordPressでサイト運営を始める前に必要なこと

WordPressでサイトを運営するには、いくつかの準備が必要です。

レンタルサーバー契約

サイトの公開をするには、ファイルの保管や情報処理を行うサーバーが必要です。

基本的にはレンタルサーバーの利用が一般的です。レンタルサーバーは、いろいろなサービスがあるので自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

独自ドメイン取得

ドメインとは、インターネット上の住所のことです。

ドメインがなければホームページを公開することができないので取得する必要があります。ドメインは、いろいろなサービスがあるので自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

WordPressインストール

WordPress日本語版をインストールします。

WordPressのデザイン

Webサイトには デザインが必要です。WordPressには、無料のデザインテンプレートも多く公開されているので、まずは、無料のものを利用すると良いでしょう。

WordPressで作成したサイト

WordPressで運営しているサイトを紹介します。

WordPressは無料から有料のテーマがありますが、完全オリジナルで制作することも可能です。

戦略的にWEBを活用したいと思っている方は、他社との差別化を図るためにも、オリジナルで制作することをおすすめします。

WordPressの学習方法

利用者の多いWordPressは、学習環境もいろいろなサービスが充実しています。手軽にはじめられる学習法としては、「学習サイト」「教本」の利用があります。

学習サイト

学習サイトは、「無料が多い」「動画で学べるものがある」「いつでも学べる」などのメリットがあります。

教本

教本は、「知りたい所を重点的に学べる」「自分のペースで学習できる」「通勤など、好きな場所で学べる」などのメリットがあります。

オススメの教本

WordPressと一緒に使うと便利なツール

WordPressは、「プラグイン」と呼ばれる機能拡張ツールが豊富に用意されています。「プラグイン」を利用することで自分のサイトをカスタマイズすることができます。

「プラグイン」を追加するには、管理画面のメニューから「プラグイン」→「新規追加」をクリック、インストールして「有効化」します。

プラグインの追加作業は簡単ですが、プラグインをたくさん実装すると、その分WordPressの動作が遅くなったり、バージョン管理が大変になったりと、作業も増えるので、多用は注意が必要です。



複数のコンタクトフォームを管理できてその上フォームとメールの内容を簡単なマークアップで柔軟にカスタマイズしたりもできます。Ajax によるフォーム送信、CAPTCHA、Akismet スパムフィルタリング等々サポートしています。

Akismet はサイトのコメントをチェックし、フォーム送信内容をスパムのグローバルデータベースと照合して、悪意あるコンテンツの公開を防ぎます。ブログの「コメント」管理画面でキャッチしたコメントスパムを確認できます。

WordPress チームがメンテナンスしている公式プラグインです。

以前の WordPress エディターおよび投稿編集画面を復元します。これにより、その画面を拡張したり、旧式のメタボックスを追加したり、以前のエディターに依存したプラグインを使用したりといったことが可能になります。

WordPress利用時の注意点

応用範囲が広く、使いやすいWordPressですが、いくつかの注意点もあります。

  • ページの構成を考えて作る

自由度が高いWordPressは、手の込んだ複雑なWebサイトも作ることができます。

その反面、ページ構成を検討しないで作成すると、読者にわかりにくいサイトになる可能性があります。「記事投稿」「固定ページ」など、あらかじめサイト構成を考えておくと良いでしょう。

  •  動画や画像を多用すると、ページ表示が遅くなる

ユーザーがページの読み込みで待てる時間は「約3秒程度」と言われています。

なかなか表示されないページだと、「もういいや」と他サイトに流れてしまうことも。容量の大きい画像や動画の多用は、注意が必要です。

  • 自動アップデートを有効にする

WordPressのバージョンは、常に最新版にしておきましょう。アップデートにより、セキュリティやバグ(不具合)への対応が改善されています。

  • 広告(アフェリエイト)を導入する前に、サイトを充実させる

「Webサイトを作ったから、すぐにアフェリエイトを導入したい」と思われる方は多いことでしょう。

しかし、アフェリエイトは「魅力あるWebサイトがあってこそ、広告の効果」と考えた方が良いでしょう。

まずは、投稿数を増やすことをおすすめします。ユーザーの流入が増加してきてから、「AdSense」などの広告導入の手続きを行いましょう。

まとめ

WordPressは、専門的なプログラミング の知識がなくても「自分で記事の追加や更新ができる」便利な無料ツールです。

しかも、豊富なテーマデザインやプラグインによって、本格的なWebサイトが作れます。

WordPressについてのさまざまな疑問点やテクニックについては、STEP UP WEB WordPressトピックスをご覧ください。

TAGS
この記事をシェアする

おすすめ記事