トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. WEBデザイン
  4. 【Photoshop】Webデザイナーが現場でよく利用する簡単な写真補正をご紹介

【Photoshop】Webデザイナーが現場でよく利用する簡単な写真補正をご紹介

今回はPhotoshopで行う現場でよく利用する簡単な写真補正をいくつかご紹介します。
※Photoshopをある程度まで利用できる方向けの記事になります。使用しているのは「Photoshop CC2020」になります。

写真を明るくする、鮮やかさを補正する

素材を開いてスマートオブジェクトに変換する

補正したい写真をPhotoshopで開いてください。
レイヤーパネルで右クリックしてスマートオブジェクトに変換を選択します

  

「Camera Raw フィルター」を適用する

レイヤーからスマートオブジェクトを選択しておきます。その状態でフィルターからCamera Raw フィルターを適用
Camera Raw フィルターは色調補正などを一括で管理するときに便利なフィルターです。

「Camera Raw フィルター」で補正する

フィルターの基本補正を利用して写真の明るさや色味を補正します。
ざっくりとしていますが各項目の解説は以下の通りです。

色温度 光源の色を変える
露光量 全体の明るさを調整
コントラスト 明暗をはっきりさせる
ハイライト 写真の明るい部分を調整
シャドウ 写真の暗い部分を調整

他にもさまざまな調整が可能です。左のプレビューを確認しつつ写真によって変更してください。

4.完成

左が補正前、右が補正後です

特定の色のみを補正する

曇り空を快晴に、赤いバラを青くするなど特定の色のみ変更したい場合は色域指定で選択すると便利です。

補正したい写真をPhotoshopで開く

この写真を空の色を変更します。

色域指定で補正したい色のみを選択する

  1. 選択範囲から色域指定を選択
  2. パネルが開いたら補正したい色を写真からクリックして取る
  3. 許容量の数値を変えながら選択範囲を調整します。パネルの写真の白が選択範囲で黒が選択されない範囲です。OKを押すと選択範囲が出ます。どうしても補正したくない色が選択されてしまう場合はOKを押した後にクイック選択ツールなどで利用して個別で選択範囲を絞ってください。

選択した色を補正する

  1. 選択範囲が出た状態で色調補正パネルから「色相・彩度」を選択。
  2. 空を快晴に近い色に補正します。

完成

左が補正前、右が補正後です

写真の足りない部分を補完する

Webサイトや印刷物で使用する場合、どうしてもトリミングの関係で縦や横の範囲が足りなかったり、文字を入れるスペースを確保したい時があります。そんな時便利なのがコンテンツに応じる機能です

補正したい写真をphotoshopで開く

この写真を上方向に伸ばします

「切り抜きツール」で足りない部分を補完する

  1. ツールバーから切り抜きツールをクリックする
  2. 切り抜きツールを選択すると画面上のオプションバーにコンテンツに応じるが表示されるのでチェックしておきます。
  3. バウンディングボックスの中央上部分をドラッグして伸ばして決定
  4. 完成。AIが自動的に上部分を補完してくれます。あまり複雑な写真は不自然に補完されるので注意してください。

まとめ

今回は簡単な操作でできる写真補正方法をご紹介しました。ぜひ利用してみてください。

この記事をシェアする

おすすめ記事