トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. WEBデザイン
  4. Adobe Illustrator CCでRGBからCMYKへの変換方法と確認方法

Adobe Illustrator CCでRGBからCMYKへの変換方法と確認方法

RGBからCMYKへカラーモードの変換は簡単にできますが、印刷業者に提出するデータなどの場合、本当にすべてCMYKに変換されているか心配になる方もいると思います。

そんなときの確認方法を含め、そもそもRGB・CMYKってなに?というところから、それぞれの違い、変換方法までご紹介します。

RGB/CMYKとは?

RGB

光の三原色『Red:レッド』『Green:グリーン』『Blue:ブルー』の頭文字を取ったもの。
私たちが普段パソコンやテレビなどのディスプレイで見ている色はRGBです。
WEBデザインをつくる場合はディスプレイで見るものなのでRGBカラーで作ります。

CMYK

『Cyan:シアン』『Magenta:マゼンタ』『Yellow:イエロー』+『Key plate:画像の輪郭など細部を示すために用いられた印刷板(黒・スミ)』の頭文字を取ったもの。

こちらはインクの三原色+黒インク(三原色では真っ黒が表現できないため)で、ほとんどのカラー印刷で使用される色です。印刷物のデータをつくる場合はCMYKカラーで作ります。

RGBとCMYKの違い

RGBは混ぜれば混ぜるほど明るくなる(=加法混色)のに対し、CMYKは混ぜれば混ぜるほど暗くなります(=減法混色)。

【RGBカラーとCMYKカラーの比較】

RGBのほうが表現できる色が多いため、RGBからCMYKへ変換すると少しくすんだ色に変化します。

RGBからCMYKへの変換方法

①メニューから、ファイル>ドキュメントのカラーモード>CMYKカラー と選択するだけで簡単に変換できます。

②変換後はファイル名の横の表示が「CMYK/~」となっているか確認しましょう。

【注意点】

RGBを一度CMYKに変換してしまうと、再度RGBに変換しても、元の鮮やかな色に戻らないため、バックアップを取ってからの作業をオススメします。

すべてCMYKに変換できているかを確認する方法

最後に「ドキュメント情報」を利用した確認方法をご紹介します。

①メニューから、ウィンドウ>ドキュメント情報 と選択して「ドキュメント情報」を表示

②ドキュメント情報ウィンドウの右上[三]のようなボタンから「オブジェクト」を選択

【この部分をチェック】

RGBオブジェクト:なし CMYKオブジェクト:5

となっているので、すべてCMYKに変換されていることになります。

必要に応じて、RGB・CMYK・グレースケール・特色の4項目をチェックしましょう。もし必要のないものが残っていた場合は、ロックしてるものがないか、隠しデータがないか、などを再度確認してみましょう。

まとめ

今回はRGBとCMYKの違い、変換方法、最後に確認方法をご紹介しました。不備のないデータをつくるためにぜひお試しください。

CONTACTお問い合わせ・ご相談はこちら

おすすめ記事

CONTACT

WEB戦略型ホームページ制作・
集客・ブランディングのご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

06-4792-7678

株式会社アルファクトリー
〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-6
センチュリー西天満ビル4F
営業時間/平日10:00~18:00 土日祝定休
メールでのお問い合わせ

「STEP UP WEB」は大阪市北区西天満にあるアルファクトリーが
提供するホームページ制作サービスです

対応エリアは、大阪、神戸、京都をはじめ関西を中心にサポートしております。企画立案から行い、世界で最も使用されているWordPressを使用してCMSを構築し、御社専用にカスタマイズ、レスポンシブサイト(スマホ対応)として提供させていただきます。また、デザインテンプレートは一切使用せず、すべて御社に合わせオリジナルデザインで、ブランディングを行っています。

さらに、WEBサイトリニューアルや集客にお悩みの際は、コンテンツマーケティング(SEO対策)、WEBコンサルティングなどを駆使し御社ターゲットに訴求させ、収益を最大化させます。STEP UP WEBでは、コーポレート・ブランディング・採用など様々なホームページに対応しているほか、「ユーザビリティの高いサイトにしたい」「他社との差別化を行いたい」「自社で更新したい」といったクライアント様からのお悩みや目的にも寄り添い、最適なプランを企画・提案させていただきます。

ご質問・ご相談・お見積りについては、大阪の「STEP UP WEB」へお気軽にお問い合わせください。現状分析・競合分析などを踏まえてお応えさせてただきます。

制作・リニューアルをお考えの方へ
まずは無料ホームページ診断!