トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. 漢字を「ひらく」と文章はぐっと読みやすくなる!

漢字を「ひらく」と文章はぐっと読みやすくなる!

漢字を”ひらく”とは?

漢字ばかりの文章は堅苦しく、どうしても読みづらくなります。そのような場合に、漢字をひらがなに直すことを”ひらく”といいます。

例文:

予めご了承下さいます様、宜しく御願い致します。

漢字をひらいた状態:

あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

やわらかい雰囲気になり、読みやすさもぐっと増しました。

WEBサイトやブログの文章など、漢字を”ひらく”ことで、読みやすくなり、結果として 読んでもらえる・つたわる文章 に変身させることができます。

ひらく漢字を決める基準

〇補助動詞はひらく

  • ~して頂きます
  • ~して下さい
  • ~致します

敬語に多いこのような表記はひらきます。ただし「その商品を下さい」など、動詞になっている場合はひらきません。

〇複合動詞はどちらかの動詞をひらく

  • 食べ続ける=「食べる」+「続ける」
  • 見回す=「見る」+「回す」

このような動詞+動詞はどちらかをひらくと読みやすくなります。基本的には後ろの動詞をひらくのが一般的です。

  • 走り続ける→走りつづける
  • 見回す→見まわす

〇当て字や難しい漢字はひらく

  • 有難う御座います
  • 目出度い
  • 流行り など

当て字かどうかの判断は、感覚によるところもありますが、基本的に当て字や読むのが困難な漢字はひらくのが一般的です。

ひらくことで読みやすくなる漢字表記

漢字 ひらく
予め あらかじめ
併せて あわせて
一旦 いったん
及び および
先程 先ほど
更に さらに
既に すでに
全て すべて
是非 ぜひ
沢山 たくさん
但し ただし
出来る できる
勿論 もちろん
とき
伴い ともない
共に ともに
なお
中々 なかなか
一人一人 一人ひとり
ほか
殆ど ほとんど
また
全く まったく
~下さい ~ください
~事 ~こと
~毎 ~ごと
~の為 ~のため
~等 ~など
~迄 ~まで
~達 ~たち
~の様な ~のような
~と言う ~という
~致します ~いたします
~頂く ~いただく

※よく使う表現に絞って掲載しています

まとめ

読みやすい文章 → 読んでもらえる → つたわる

ひらく、ひらかない の決め方にルールはありません。読み手のことを考えてさえいれば間違いではないので、まずは自分で読み返してみることが「つたわる文章」への近道です。

この記事をシェアする