キーワード集

WebRTC

WebRTC(Web Real-Time Communication)とは、Webブラウザーなどを介して高速なデータ通信を実現する規格のこと。HTMLのAPIの1つ。特に映像や音声などの容量が大きいデータをリアルタイムに送受信できること、P2P(ピアツーピア)の仕組みを持っていることから、ビデオチャットやWeb会議などに応用されています。これらの製品やサービスにおいては、映像や音声の品質が改善されることがユーザーへの提供価値を向上させることにつながるので、今後WebRTC方式のビデオチャットやWeb会議システムが増えると考えられます。

2015年の時点では「Chrome」や「Firefox」など、対応するWebブラウザは限定されているようですが、アプリケーションに直接組み込むことも可能です。スマートフォンなどでもWebRTCを組み込んだアプリがたくさん登場するでしょう。

WebRTCの特徴である映像や音声のデータをリアルタイムでやり取りする規格は以前から存在しており、IP電話として知られる「Skype」などで使われています。最近では若い世代での利用率の高い「LINE」のビデオ通話も同様の規格といえます。では何が違うのかといえば、WebRTCは、オープン規格であるという点です。SkypeもLINEもクローズド規格なので、開発企業が独占することになりますが、WebRTCは、WindowsやMac、iOS、Androidなどがサポートすることを発表しているため、多くのソフトウェアで採用されるようになるはずです。

この記事をシェアする

index

五十音で探す
アルファベットで探す