キーワード集

  1. HOME
  2. キーワード集
  3. ホットスタンバイ

ホットスタンバイ

ホットスタンバイ(Hot Standby)とは、コンピュータシステムにおいて、サーバやネットワーク機器を冗長化した予備システムへの切り替え方式のひとつ。
同義語:ホットスペア  対義語:コールドスタンバイ

障害発生時に本番システムと同期する予備(待機)システムへ瞬時に切り替える方式。
これに対して切り替え時間が遅い「ウォームスタンバイ」「コールドスタンバイ」がある。

予備サーバ(セカンダリサーバ)は起動状態にあり、本番サーバ(プライマリサーバ)と同じアプリケーションで同一の処理を実行しながらデータをリアルタイムで同期し続ける。
ウォームスタンバイでは、サーバは起動されているが、アプリケーションは稼働状態になく、コールドスタンバイでは、サーバが起動されていない。

障害発生による機会損失が大きくなる大規模システムやECサイトなどでは、事業継続計画(BCP)などの観点からホットスタンバイを採用し、可用性を高める構成となっている。

この記事をシェアする

index

五十音で探す
アルファベットで探す