キーワード集

  1. HOME
  2. キーワード集
  3. フェイルオーバー

フェイルオーバー

フェイルオーバー(Failover)とは、サーバやシステムの冗長化の1つ。
稼働中のシステムやサーバに障害が発生した場合、あらかじめ用意しておいた経路と同等の待機システムに切り替える機能のこと。

処理の途中でも自動的に切り替え、処理を引き継ぐことができる。停止時間を最小限に抑えることができるため、事業継続計画(BCP)の観点から、ECサイトなど、停止による損害が大きいシステムに組み込まれることが多い。

さらに、2つ目の待機システムに障害が発生する場合に備え、3つ目、4つ目と予備システムを組み込む「カスケイド・フェイルオーバー」といわれるシステムもある。

ちなみに、サブシステムへの切り替えを手動で実施するものを「スイッチオーバー」という。

この記事をシェアする

index

五十音で探す
アルファベットで探す