キーワード集

  1. HOME
  2. キーワード集
  3. デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化(Desktop Virtualization)とは、クライアントPCを仮想化すること。「クライアント仮想化」と同義語。
パソコンのCPU、ハードディスク、メモリなどのハードウェアとソフトウェアをサーバ側でユーザごとに仮想マシンとして提供する仕組み。

クライアント側では、ディスプレイやキーボード、マウスなどの入出力装置だけを利用し、すべての処理をサーバが担当する。入力操作のデータとその処理結果をディスプレイに表示するためのデータだけをやり取りする。

クライアント側の処理能力、データ保存などを必要としないことから、従来の「シンクライアント」に似ている。
ベンダーによって「デスクトップ仮想化システム」を「シンクライアントシステム」と表記することもある。

古くなったPCのディスプレイ、キーボード、マウスなどをそのまま利用できることから、「サーバ仮想化」「ストレージ仮想化」と同様にIT資源の効率的な運用によるコスト削減効果が期待できるが、特に管理台数に比例して負担が大きくなるPCの運用管理工数の削減効果は、非常に大きいと言える。

また、「デスクトップ仮想化」のサーバがクラウド環境にあり、「SaaS」「IaaS」「PaaS」と同様にシステム購入せず、従量課金制のサービスとして利用するものを「DaaS」と言う。

この記事をシェアする

index

五十音で探す
アルファベットで探す